サイトマップ

乙4の取得方法が書いてある!
危険物乙4に合格するまでに必要な具体的な方法

「危険物乙4って難しいの?」「合格率ってどのくらい?」よくそんな声を耳にします。危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になるところですよね。現在、日本には、国家資格と民間資格があり、合計すると約3000種類を超える資格がある […]

「あなたは、うまく参考書を選べますか?」危険物乙4の勉強には参考書は欠かすことができず、合格できる参考書を選ばないといけません。しかし市販されている参考書は200冊以上あり、その中から1冊の参考書を選ぶのは大変難しい作業です。そこで失敗しない参考書選びのすべてを解説します。[…]

問題集は、知識の定着や知識の向上、また現在の理解度を計るために用いられます。このカテゴリーでは、合格に欠かすことのできない1冊の問題集をご紹介します。危険物乙4の合格には、この問題集を繰り返し解いて知識を定着させる必要があります。問題集をコロコロ変えるより、1冊の問題集を繰り返し解き、自信をつけて合格を目指しましょう。[…]

資格試験で「合格できる人」と「合格できない人」とを分ける要素は何なのか。私は、「前向きに勉強できるか、できないか」だと思います。私は10年以上、資格の学校で講師をしています。そのノウハウや経験から合格できる勉強方法をすべて解説します。初心者の方でも安心して勉強できる環境を提供します。[…]

資格を取得したいと思っても「どうしても独学だと勉強方法に不安が …」「仕事もあるからなかなか勉強する時間がないんです …」人それぞれの事情もあり、悩みは多いものです。もしかするとあなたもそうかもしれません。特に仕事をしながら […]

誰だって効率よく勉強して資格を取得したいですよね?もちろん私もそうです。働きながら勉強している人は、なおさらそう思うでしょう。1日に勉強できる時間は限られています。その時間をできるだけ有効活用して、効率よく勉強したいものです。危険物乙4の合格率は […]

危険物乙4は就職に有利になるの?どんな職場で働けるの?そんな疑問をよく耳にします。危険物乙4は学歴や年齢による受験資格は問われませんので、誰でも受験ができ、危険物を取り扱っている事業所では、危険物の知識を持った人が必ず必要です。このページでは、仕事で活かせる資格の危険物乙4ってどんな資格 […]

危険物乙4の本試験は「過去問の類似問題」から多数出題されます。過去問には、出題傾向・問題の難易度・覚えるべき内容などの情報が多く詰まっており、さらには、自分の弱点を把握する・問題形式に慣れることもできます。まさに過去問は「合格できる情報が満載」なのです。その過去問を知らずに勉強しても […]

あなたは、この危険物乙4受験前模擬問題を60%以上正解できますか?危険物乙4は過去の本試験問題が公表されておらず、最終的にどういった問題が解ければ合格できるのか分かりにくい特徴があります。この模擬問題を一つの指標とし、60%以上正解できるように […]

危険物乙4はお分かりのように「法令15問」「物理・化学10問」「消火・性質10問」の3科目で構成されており、各科目60%以上の正解で合格できます。危険物乙4に合格する為には、過去問の攻略は必須の対策です。なぜなら、本試験では過去問の類似問題が多数出題されるからです。そこで、物理・化学の基本問題35問を追加掲載 […]

さあ、今すぐ100問以上の過去問で危険物乙4の試験準備をしよう!

「危険物に関する法令」合格には、60%以上つまり15問中9問以上の正解数が必要です。 […]

「物理・化学の基礎」合格には、60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要です。 […]

「危険物の性質と火災予防・消火の方法」合格には、60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要です。 […]

実力テストを通じて、苦手な問題を確認し、それを克服していきましょう。出題傾向や覚える内容を視野に入れた勉強をすると、結果に直結する部分を重点的に勉強できます。これだけで、効率は格段に良くなり、結果も出やすくなるでしょう。

過去問には、「出題傾向」「問題の難易度」「覚える内容」などの情報が詰まっています。さらに、「自分の弱点を把握する」「問題形式に慣れる」こともできます。過去問を知らずに勉強しても、どこをどう覚えればいいかわかりませんよね。効率はかなり悪くなります。この実力テストでは、まず自分の弱点を把握し、覚えるべき内容を明確にしていってください。

基本的に、危険物乙4の問題集は1冊買えば十分だと思っています。その1冊の問題集を4周、5周することによって、知識が定着し、問題が解けるようになります。よく1周やっただけで違う問題集に変える人がいますが、問題集を変えると,前の問題集でやった内容が別の書き方をされていたりすることがあります。そこで、また考え直さなければなりませんし、それでは前やったことが十分に生かされません。結果、自分の形として身に付きません。

資格を取得しようと勉強を始めたとき、最初はどんなに参考書とにらめっこしても、何をどこまで覚えていいのか分からないですよね?つまり、問題集を見る前に参考書を勉強しても、「宝物は何なのかが分からずに宝探しをしている状態」に等しいのです。資格試験では、問題が解ければ合格するわけですから、過去問を使って覚えるのが一番要領良く覚えることができます。つまり、より実践に近い勉強ほど効果がとても高いのです。

ここからは、本試験で確実に合格するために「模擬問題」を解いてください。ここでどれくらいの点数をとれるかが重要なポイントになります。「今の自分がどれぐらいの点数をとれて、最終目標(合格)までどれぐらいの距離があるか」がわかるからです。点数が悪い場合、今までの過去問を再度勉強し、覚えるべき内容は確実に覚えてください。

先述した通り、過去問には「出題傾向」「問題の難易度」「覚えるべき内容」などの情報が詰まっています。その他にも、とても大切なことがあります。それは「自分の弱点を把握する」ことができるということです。当たり前ですが、過去問とは本番の試験と同じレベル同じ範囲から出題されています。「過去問と似たような問題が出たのに、復習をしてなかったから答えられなかった」という声をよく聞きます。答えられない問題をしっかり復習すれば、本番の試験でかなりの確率で正解することができます。解らない問題をそのままにしないで、しっかり復習しましょう。

模擬問題などの過去問を解いていると「あれ?これなんだっけ~」というように、自分の知識の不確かさに気付くことができる。あいまいな知識だった問題は、きちんと覚えることが重要です。そしてあいまいな状態で問題を解くことが多かった人は、普段の勉強を見直す必要があります。こうした「気づき」を多く発見できるのも、模擬問題などの過去問を解く大きな理由の一つです。あなたにも、なるべく多くの過去問を解いてほしいです。そして、本番試験までにはあいまいな知識がなくなるように勉強してください。

危険物乙4の本試験では、新傾向問題も何題か混じっており、解けない問題もあるかもしれませんが、そのような問題は無理に解く必要は全くありません。本試験では、いわゆる「捨て問」を目利きする力も試されています。限られた試験時間の中で […]

最新の過去問!
危険物乙4の本試験で結果を出すために必要な問題

第1回の最新問題では、法令66問の問題を掲載しています。危険物乙4の試験では、法令科目が35問中15問と、大きなウエイトを占めています。法令は暗記する項目が多いので大変ですが、条文や数字等を丸暗記するより、法令の意味を理解することが大切です。この最新問題を通して、不得意な問題やあいまいな知識を再確認し、本試験までにはすべての問題を正解できるぐらい解くことをお勧めします。

第2回の最新問題では、法令57問の問題を掲載しています。これまでに「100問以上の過去問 」でも問題と解説を掲載していますが、最初からより実践に近い勉強から始めるのが合格への近道なのです。当サイトでは、解説に重点をおき、「重要な部分や覚えるべき内容」をしっかり解説しています。これらを有効に活用し、本試験に臨んでください。

第3回の最新問題では、法令46問の問題を掲載しています。危険物乙4の本試験では、過去問の類似問題から多く出題されます。しかし、近年ではこの類似問題の他に新傾向問題が出題されるようになってきました。

第4回の最新問題では、物理・科学30問の問題を掲載しています。危険物乙4の試験科目のうち、物理・科学は35問中10問を占める科目です。物理や科学は基礎的な項目が主で、複雑な計算問題はほとんどありません。

第5回の最新問題では、物理・科学29問の問題を掲載しています。この良質な最新問題を多数解いてもらい、確実な実力アップへとつなげて下さい。物理・科学の重要な項目をピックアップして問題を掲載しているので、基礎を理解するのに役立つと思います。苦手意識をもっている方も問題を解いて頂き、少しずつ理解を深めていきましょう。

第6回の最新問題では、物理・科学30問の問題を掲載しています。これまでの問題を解いて頂ければ分かるように、「最新問題」といっても基本的な内容を理解していれば解ける問題が多いかと思います。

第7回の最新問題では、物理・科学37問の問題を掲載しています。「燃焼」「燃焼の仕方」「燃焼の難易」「引火点・発火点・燃焼範囲」と物理・科学の中でも出題頻度がかなり高い問題を掲載しています。

第8回の最新問題では、物理・科学23問の問題を掲載しています。「自然発火」「消火理論」「消火薬剤」と第7回最新問題と同様、出題頻度がかなり高い問題を掲載しています。

ビルメンって ?
ビルメン会社の90%以上が必要としている資格とは ?

ビルメンテナンスの世界では、必要資格として、「資格4点セット」と歓迎・優遇資格として、「上位資格3点セット」が存在します。会社によっては、資格4点セットのうち、2つは必須資格としている会社もあるほど重要な資格となっています。このページでは、ビルメンテナンス会社の約90%以上が必要としている「資格4点セット」に必要な知識を全て解説します。 […]

あなたはビル管理とはどんな仕事か知っていますか?多くの人が、「なにそれ?ビル管理?」みたいな反応になるかと思います。私もその一人でしたが、実際は仕事の範囲が広く、実に奥が深い仕事なのです。ビル管理を一言で言うなら、ビルや建物(オフィスビル・商業施設・病院など)の裏方さんです。現在、ビル管理系の職業訓練校に通っている方、異業種に勤めている方はもちろん、就職・転職を考えている方も是非ご覧下さい。 […]

ビルメンの世界では、さまざまな資格が必要とされています。その中でも最も需要があり、必ず取得するように言われるのが「第二種電気工事士」です。ビルメン会社のほぼ全て90%以上は、資格取得を推奨しています。求人情報サイトで募集をするビルメン会社の多くは、必須若しくは歓迎資格で第二種電気工事士を挙げているほどです。第二種電気工事士がなぜ必要なのか?また、合格するのに必要な問題集 […]

就活は過去最高の売り手市場 ! 求人数は26カ月連続で最高値を更新 ! などのニュースや見出しをここ数年よく見かけるようになり、転職市場は活発な状態が続いています。その背景として、ここ数年、リーマンショックの影響から抜け出し、円安やアベノミクス効果で業績が好転し、意欲的な設備投資計画や出店計画を打ち出す企業が増えたことにより、企業の採用活動を強化するケースが増えていることが挙げられます。 […]