危険物乙4 過去問 第1回模擬問題
「問5. 積載方法の技術上の基準」


問5. 積載方法の技術上の基準

危険物に関する積載方法の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。

  • 危険物の性質に応じて、日光の直射または雨水の浸透を防ぐため有効に被覆する等の措置を講じて積載すること。
  • 運搬容器の外部には、危険物の「品名」・「危険等級」・「化学名」・「数量」・「注意事項」並びに第4類の危険物のうち水溶性の性状を有するものには「水溶性」の内容を表示して積載すること。
  • 危険物は、運搬容器が転落、落下、転倒または破損しないように運搬すること。
  • 運搬容器は、転倒による流出を防止するため、収納口を横に向けて積載すること。
  • 危険物を収納した運搬容器を積み重ねる場合は、高さを3m以下とし、積み重ねる容器は重いものを下にして不安定にしないこと。
危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4の過去問「第1回模擬問題」

「危険物 過去問 第1回模擬問題」
危険物乙4の合格には、科目ごとに60%以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験科目のうち、法令は35問中15問、物理・化学は35問中10問、消火・性質は35問中10問を占めます。
ここからは、本試験で確実に合格するために「模擬問題」を解いてください。