危険物乙4 過去問 第1回模擬問題
「問1. 指定数量の解説」


問1. 指定数量の解説

危険物A,B,Cを同じ貯蔵所で貯蔵する場合、法令上、指定数量の倍数として、次のうち正しいものはどれか。

  • 危険物A,B,Cそれぞれの貯蔵量を、危険物A,B,Cの指定数量の平均値で除した値の和。
  • 危険物A,B,Cそれぞれの貯蔵量を、それぞれの指定数量で除した値の和。
  • 危険物A,B,Cの貯蔵量の和を、危険物A,B,Cの指定数量のうち最も大きい数値で除して得た値。
  • 危険物A,B,Cの貯蔵量の和を、危険物A,B,Cの指定数量のうち最も小さい数値で除して得た値。
  • 危険物A,B,Cの貯蔵量の和を、危険物A,B,Cの指定数量の平均値で除して得た値。

「2」が正解

問1. 指定数量の解説

2種類以上の指定数量の倍数の求め方は?
(危険物Aの貯蔵量 / 危険物Aの指定数量)+(危険物Bの貯蔵量 / 危険物Bの指定数量)+(危険物Cの貯蔵量 / 危険物Cの指定数量)

  • 不正解
  • 危険物A,B,Cそれぞれの貯蔵量を、それぞれの指定数量で除した値の和。
  • 不正解
  • 不正解
  • 不正解
危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4の過去問「第1回模擬問題」

「危険物 過去問 第1回模擬問題」
危険物乙4の合格には、科目ごとに60%以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験科目のうち、法令は35問中15問、物理・化学は35問中10問、消火・性質は35問中10問を占めます。
ここからは、本試験で確実に合格するために「模擬問題」を解いてください。