危険物乙4は就職に有利?
100問以上の過去問で危険物乙4に合格しよう!

危険物乙4は就職に有利になるの?
どんな職場で働けるの?
そんな疑問をよく耳にします。危険物乙4は学歴や年齢による受験資格は問われませんので、誰でも受験ができ、危険物を取り扱っている事業所では、危険物の知識を持った人が必ず必要です。

このページでは、仕事で活かせる資格の危険物乙4ってどんな資格なのか。また資格取得のメリット(就職には有利なのか)やどんな職場で働けるのかを具体的に解説します。

これから資格を取得しようとする人はもちろん、就職や転職をお考えのあなたにも参考になると思います。是非ご覧下さい。

※ 危険物乙4は必置資格

危険物取扱者は国家資格で法律で定められている資格であり、一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う施設には、必置の資格です。
必置資格とは「企業や団体がその業務を行うのに一定の割合でその有資格者を置かなければならないもの」である。

  • 広告

  • 広告

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4とは?
就職に有利なのか

資格のことや就職は、危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になりますよね。
当記事では、危険物乙4とはどんな資格なのか、就職や転職には有利になるのかを具体的に解説します。是非読み進めてみて下さい。

危険物とは何か?

まず危険物とは何か?を押さえておきましょう。危険物とは ?
危険物とは、ガソリン、灯油などの燃えやすい石油類、特殊引火物のような危険な物品や、金属粉などのように非常に燃焼性の高い物品のことをいいます。これらの物品を専門知識のない人が扱うと爆発してしまう可能性があり大変危険です。

そこで政府が消防法で定めた特定の薬品を取り扱う際に、一定の知識以下の者が取り扱うのは非常に危険が伴うため設置した国家資格が「危険物取扱者」です。燃焼性が高く爆発する危険性のあるこれらの危険物を大量に「製造・貯蔵・取扱」する場所で、管理責任者の役割を担います。

※ 具体的にどんな場所で危険物取扱者が活躍するのか?ポイント !!
  • ビル設備管理
  • 危険物取扱施設の保安管理技術員
  • 上下水道処理施設の管理
  • ガソリン計量機メーカー
  • 塗料メーカー
  • 産業廃棄物の収集運搬を行うドライバー(タンクローリー)

などで多く活躍しています。また、石油業界ではセルフ給油のガソリンスタンドが増えており、給油許可を出す監視者には必須の資格です。

直接的に石油関係の仕事でなくても、例えばホームセンターでは石油類を扱っています。そういったところで働く場合も責任者として活躍できます。

危険物乙4とは?

危険物取扱者乙種第4類(危険物乙4)の資格は、引火性液体(ガソリン、灯油、軽油など)を扱う資格で、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっています。
また、他の資格に比べて比較的短期間で取得できて就職、転職につながる便利な国家資格ですポイント !!

危険物を扱うところでは必須の資格なので日本全国で安定的に需要はあります。中高年や女性でも就職につながりやすい狙い目の国家資格です。常に安定して求人はあり、将来性も十分な資格です。

※ 危険物取扱者の需要が増えています。ポイント !!

近年、ガソリンなどの危険物を取扱う施設での事故が増加傾向にあります。
中でも多いのは、地下に埋設されたタンク・配管が老朽化により破損し、中の油が土壌に漏えいし汚染してしまう事故が多く発生しています。
そのような中、危険物施設の検査・メンテナンスを適正に行い、事故・災害を未然に防止できる環境を整備し、安全を提供することが非常に大切です。

当サイト「危険物乙4の合格率と難易度 」もご覧ください。

【まとめ】
就職に有利になる危険物乙4の資格

危険物とは、ガソリン、灯油などの燃えやすい石油類、特殊引火物のような危険な物品や、金属粉などのように非常に燃焼性の高い物品のことをいいます。これらの物品を専門知識のない人が扱うと爆発してしまう可能性があり大変危険です。

危険物乙4の資格を取得しているということは、危険物の特徴、取扱い方法や保管方法などの知識があるということです。
ですので、ガソリンスタンドや塗料、ガソリン計量機メーカー、危険物取扱施設など様々な会社で評価されており、資格保持者の優遇や資格必須の求人情報も多いため、就職にとても有利です。また、資格手当を支給(優遇制度を実施)する会社も多数あります。ポイント !!

最後に、危険物取扱者(危険物乙4など)の資格を持っていると、当然面接担当者の評価も上がりますし印象も良いです。

※ 資格取得者はなぜ評価されるのか? ポイント !!

それは、目標に対して頑張れるモチベーションを持っている人だという証になるからです。
「資格取得者=仕事ができる人」ではないですが、少なくとも頑張ることはできる人だと判断されることが多いです。もちろん実務経験を積むのが最も重要ですが、個人の能力や知識を証明するためには資格を取得することがとても大切です。

国家資格の中でも比較的取得しやすい「危険物乙4」の資格をこの機会に取得してみてはいかがですか?
最後まで読んで頂きありがとうございました。

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4おすすめ問題集

危険物乙4の本試験では、過去に出題された類似問題が多数出題されますが、最近では、今まで出題されなかった新傾向問題もより多く出題されるようになりました。そういった類似問題・過去問題をいかに多く解くかが合格のカギを握ります。ここで紹介している問題集は、実際の本試験で出題された復元問題が多く掲載されています。
そのような質の高い問題を繰り返し解くことで、より重要な項目を自然に暗記できレベルの高い問題が解けるようになります。
もちろん、危険物に関して知識がない初心者の方でも、わかり易い内容・構成になっているので安心して勉強できます。

  • 【危険物乙4ベストセラー参考書】

    10日で受かる! 乙種第4類危険物取扱者すい~っと合格(増補改訂版)

    最小限の努力で合格点を取りたい人向け !! 本書解説ページで出題ポイントと専門用語の説明を一読したら、付録の「丸暗記ノート」と付属の赤シートを使って重要ワードを徹底的に覚えましょう。あとは本書に収録している過去問題130問を解いて、自信をもって試験に臨みましょう。 [264ページ、1,728円]

  • 【危険物乙4ベストセラー問題集】

    乙種4類危険物取扱者試験 平成30年版

    危険物乙4の「危険物乙4ベストセラー」の合格できる問題集 !! 「危険物乙種4類 危険物取扱者試験 平成30年版」は、復元された過去問457問を収録してるので、本試験の難易度と変わらない問題を解くことができます。重要項目・覚えるべき内容がわかり易く整理してあるので、短期間で合格できます。 [354ページ、1,800円]

  • 【いま注目の問題集】

    ホントによく出る乙4類危険物試験問題集 (LICENCE BOOKS)

    本書は、20年以上にわたる受験指導の経験と、多数かつ最新の再現問題による完璧な出題傾向分析に基づいた危険物乙4試験の受験問題集です。科目毎に項目の出題率が記述されており、最新の出題傾向が丸わかりになっています。是非読んでみて下さい。 [267ページ、1,512円]

  • 【過去問が完璧に再現されている問題集】

    過去問パターン分析!乙4類危険物試験 解法ガイド

    鈴木 幸男 (著)待望の最新版 !!
    20年以上に及ぶ講師経験と、緻密な問題分析による『簡便法』という解答手法なども豊富に掲載し、合格のためのエッセンスを一冊に凝縮しています。是非読んでみて下さい。 [279ページ、1,620円]

危険物乙4おススメしたい記事

これまでにも何回も述べているように、危険物乙4の本試験は「過去問の類似問題」から多数出題されます。
しかし最近約1年間、危険物乙4の本試験を受験して感じていることがあります。それは …
( 1 )年々新しい問題(新傾向問題)が増えていること。これまで、全く同じ問題がその年の1年間繰り返し出題されていましたが、最近では2回出題されればいいほうです。
( 2 )難易度が高い問題が増えていること。特に法令、物理・化学でそれが顕著です。
このような現状を考慮して、危険物乙4過去10年間にわたる過去問と最新の試験問題(1年分)の出題パターンを分析しました。

危険物乙4ってどんな資格なの?やっぱり難しいの?危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になるところですよね。危険物取扱者は、法律で定められている国家資格であり、特に危険物取扱者乙種第4類(危険物乙4)の資格は、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっています。数ある国家資格の中では、合格率が30%以上と比較的高く取得しやすいですが、近年難易度が上がり、合格率が減少しています。そんな難易傾向にある危険物乙4ですが、安心してください。このページでは、合格するまでに必要な具体的な方法をまとめています。