危険物乙4 過去問 物理・化学
「問61. 消火理論の解説」


問61. 消火理論の解説

ポイント !!
1除去効果、窒息効果、冷却効果の3つを消火の三要素といいます。それぞれの消火の仕組みを理解しましょう。
2ハロゲン化物消火剤やりん酸塩類消火剤には、燃焼物の酸化を抑える負触媒効果があります。
3火災は普通火災(A火災)、油火災(B火災)、電気火災の3種類に分類されます。
4代表的な消火剤の種類(水、強化剤、泡、ハロゲン化物、二酸化炭素、粉末)と、適合する火災を理解しましょう。
5りん酸アンモニウム消火粉末を使った消火器は、ABC消火器とも呼ばれます。

消火の方法とその主な消火効果の組み合わせとして、次のうち正しいものはどれか。

  • 油火災に泡消火器を使用した。…………… 負触媒効果
  • ガスの栓を閉める。………………………… 窒息効果
  • アルコールランプのふたをする。………… 除去効果
  • 水をかけて消す。…………………………… 窒息効果
  • ローソクの火を吹いて消す。……………… 除去効果

「5」が正解

問61. 消火理論の解説

  • 泡により可燃物を覆い、酸素の供給を遮断する。
  • 可燃物(ガス)の供給を遮断する。
  • ふたにより空気(酸素)の供給を遮断する。
  • 水により燃焼物の温度を下げる。
  • ロウの蒸気が吹き飛ばされ、可燃物が除去される。

消火とは、燃焼の三要素のうちのいずれかの一つ(あるいはその複数)を取り除くことである。ここ重要

ご参考まで … ローソクは、固体のロウが融解し、液体のロウになり、それが気化して気体のロウになる。この気体のロウが燃える(蒸発燃焼)。ローソクの火を吹くと、この気体のロウが除去され、つまり可燃物が除去されるため消火される。

消火の三要素

燃焼の三要素には、1.可燃物、2.酸素供給体、3.点火源があり、この3つが揃ってはじめて燃焼がはじまります。3つの要素のどれかを取り除くのが、消火の基本となります。

1. 可燃物を取り除く除去効果

2. 酸素供給体を取り除く窒息効果

3. 点火源を取り除く冷却効果

これを「消火の三要素」といいます。なお、この3つに「負触媒効果」を入れて、消火の四要素ということもあります。ここ重要

除去効果による消火

可燃物を取り除いて消火する方法で、次のような例があります。

1. ガスの元栓を閉める(可燃物であるガスを遮断する)

2. ローソクの火をふいて消す(可燃性の蒸気を息で吹き飛ばす)

窒息効果による消火

酸素の供給を絶って消火する方法で、次のような例があります。いずれも、酸素の供給元である空気を遮断して消火します。

1. アルコールランプにふたをする。

2. 不燃性の泡で燃焼物をおおう。(泡消火剤など)

3. 二酸化炭素で燃焼物をおおう。(二酸化炭素消火剤など)

4. 土、砂などの固体で燃焼物をおおう。

冷却効果による消火

燃焼物が燃えて温度が上がると、その熱が新たな点火源となって、燃焼が続く原因となります。冷却効果による消火では、燃焼物の温度を下げて、点火源となる熱をうばい、燃焼が持続しないようにする消火方法です。冷却効果による消火には、次のような例があります。

1. 注水による消火

2. 強化液(水の消火能力を強化した液体)による消火

負触媒効果による消火

負触媒効果(抑制効果)」は、可燃物の酸化が進まないようにして、燃焼を中断させる消火方法です。

ハロゲン化物やリン酸塩類は負触媒効果をもっているため、消火器の消火剤として用いられています。

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4の過去問「物理・化学」

「物理・化学の基礎」
合格には、60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験科目のうち、物理・化学は35問中10問を占める科目です。物理や化学は基礎的な項目が主で、複雑な計算問題はほとんどありません。
しかしながら苦手意識がある人も多いのではないでしょう。確かにとっつきにくい部分もありますが、出題頻度が高い「燃焼」「消火」「静電気」等の問題を多数掲載しています。1問1問じっくり解いてもらい理解を深めてください。

物質の三態について

水の性質及び比重について

沸点について

比熱・熱とその特性について

熱の移動・熱伝導率・熱膨張について

静電気について

物質の変化・物質の種類について

酸と塩基について

酸化と還元・酸化剤と還元剤について

金属の性質について

有機化合物について

燃焼の三要素について

燃焼について

燃焼の仕方について

燃焼の難易について

引火点・発火点について

自然発火・燃焼範囲について

消火理論・消火薬剤について