危険物乙4 過去問 法令
「問91. 事故時の措置の解説」


問91. 事故時の措置の解説

ポイント !!
1事故時の措置は出題頻度が高いです。いろいろな問題にチャレンジしてください。

製造所等で危険物の流出その他の事故が発生したとき、当該製造所等の所有者、管理者又は占有者が直ちに講じなければならないと定められているものは、次のうちいくつあるか。

  • 【A】:引き続く危険物の流出を防ぐ。
  • 【B】:流出した危険物の拡散を防止する。
  • 【C】:流出した危険物を除去する。
  • 【D】:事故現場付近にいる者を消防作業に従事させる。
  • 【E】:流出防止の措置を講じ、消火活動の準備をする。
  • 1つ
  • 2つ
  • 3つ
  • 4つ
  • 5つ

「4」が正解

問91. 事故時の措置の解説

当設問のポイント !!

「製造所等の所有者、管理者又は占有者は、当該製造所等について、危険物の流出その他の事故が発生したときは、直ちに、引き続く危険物の流出及び拡散の防止流出した危険物の除去その他災害の発生の防止のための応急措置を講じなければならない。」

※ 製造所等の所有者、管理者又は占有者が、直ちに講じなければならない応急措置は上記下線部の4点である。

措置命令の種類

市町村長等は、次のように事項が発生した場合には、製造所等の所有者、管理者または占有者に対して、該当する措置命令を発令することがある。

※ 免状の返納命令(危険物取扱者が消防法令に違反をしたとき)は、都道府県知事の命令である。

措置命令 措置命令の理由ここ重要
危険物の貯蔵・取扱い
基準遵守命令
危険物の貯蔵・取扱いが技術上の基準に違反しているとき。
危険物施設の
基準維持命令
製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合していないとき。
( 修理・改善・移転命令 )
製造所等の
緊急使用停止命令
(制限命令)
公共の安全の維持又は災害の発生防止のため緊急の必要があると認めたとき。
危険物施設の
応急措置命令
危険物の流出その他の事故が発生したとき。
移動タンク貯蔵所の
応急措置命令
管轄する区域にある移動タンク貯蔵所について、危険物の流出その他の事故が発生したとき。
危険物保安統括管理者
または危険物保安監督者
の解任命令
危険物保安統括管理者又は危険物保安監督者が法令に基づく命令の規定に違反したとき、
又は業務を行わせることが公共の安全の維持や災害の発生防止に支障をおよぼすおそれがあると認めるとき。
予防規程変更命令 火災の予防のため必要があるとき。
資料提出・報告徴収命令
(立入検査、立入質問、
立入危険物の収去)
貯蔵・取扱いに伴う火災の防止のため必要がある状況
危険物除去命令 無許可又は仮貯蔵・仮取扱いの承認なしで指定数量以上の危険物を貯蔵又は取扱っている。

許可取消し又は使用停止命令

市町村長等は、製造所等の所有者、管理者または占有者が次の項目のひとつに該当する場合には、その製造所等の設置・変更許可の取消し、または期間を定めて製造所等の使用停止を命ずることができます。

許可取消し又は使用停止命令ここ重要
位置、構造または設備を無許可で変更したとき。
完成検査済証の交付前に使用したとき、または仮使用の承認を受けずに使用したとき。
位置、構造、設備にかかわる措置命令に違反したとき。
保安検査を受けないとき。
定期点検の実施、記録の作成・保存がされてないとき。

使用停止命令

市町村長等は、製造所等の所有者、管理者または占有者が次の項目のひとつに該当する場合には、期間を定めて製造所等の使用停止を命ずることができます。これらは許可の取消しよりは軽い命令です。

使用停止命令ここ重要
危険物の貯蔵・取扱い基準の遵守命令に違反したとき。
危険物保安統括管理者を定めないとき。選任しても必要業務を統括管理させていない。
危険物保安監督者を定めないとき。選任しても保安の監督をさせていない。
(定めていて、それを市町村長等へ届け出を怠った場合は該当しない)
危険物保安統括管理者または危険物保安監督者の解任命令に違反したとき。

使用停止命令に該当しない法令違反

使用停止命令に該当しない法令違反ここ重要
危険物取扱者が、保安講習を受けていないとき。
危険物取扱者が、免状の書換えをしていないとき。
危険物取扱者が、免状の返納命令を受けたとき。
危険物施設保安員を定めるべき施設で定めていないとき。
危険物の貯蔵、取扱いを休止して、その届出を怠っているとき。
危険物施設の譲渡があったとき、その届出を怠っているとき。
予防規程を定めていないとき。
危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4の過去問「法令」

「危険物に関する法令」
合格には、60%以上つまり15問中9問以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験では、法令科目が35問中15問と、大きなウエイトを占めています。
法令は暗記する項目が多いので大変ですが、条文や数字等を丸暗記するより、法令の意味を理解することが大切です。
法令の過去問では、重要ポイントも詳しく解説しており、その解説を繰り返し読み、問題を繰り返し解くことが合格につながります。

消防法別表第1について

指定数量について

仮貯蔵・取扱い・指定数量未満の危険物について

製造所等の区分について

申請手続きについて

届出手続き・仮使用について

危険物取扱者制度・危険物取扱者免状について

保安講習について

危険物保安監督者・危険物施設保安員について

予防規程・基準維持義務について

定期点検について

保安距離・保有空地について

配管・防油堤について

製造所等の基準について

標識・掲示板について

消火設備について

共通基準について

運搬の基準について

移送の基準について

措置命令、使用停止命令、事故時の措置について