危険物乙4 過去問 消火・性質
「問10. 共通する火災予防の方法の解説」


問10. 共通する火災予防の方法の解説

ポイント !!
1第4類危険物の火災を予防するためには、蒸気の発生を抑えて、点火源を近づけないようにします。
2第4類危険物の火災は、一般に水では消火できません。
3水溶性液体を泡消火剤で消火する場合は、水溶性液体用のものが必要です。

第4類の危険物に共通する火災予防の方法について、次のうち誤っているものはどれか。

  • 可燃性蒸気は、低所よりも高所に滞留するので高所の換気を十分に行う。
  • 直射日光を避けて、冷所に貯蔵する。
  • 可燃性蒸気の発生を防止するため、容器は密栓しておく。
  • 引火を防止するため、みだりに火気を近づけないこと。
  • 容器に液体が少量残っている場合でも、可燃性蒸気が発生するので注意しなければならない。

「1」が正解

問10. 共通する火災予防の方法の解説

  • 第4類の危険物の蒸気比重は1より大きい。覚える
  • 温度が高くなると可燃性蒸気の蒸気量は多くなる。したがって、温度の上昇は極力避ける。
  • 容器を開けておくことにより、可燃性蒸気が発生し、それが漏えいして低所に滞留する。これが何らかの火源により引火する危険がある。
  • 第4類の危険物は火気厳禁である。覚える
  • 危険物が少しでも残っていれば、当然可燃性蒸気が発生しており引火危険ある。

当設問のポイント !!

第4類の危険物の蒸気比重は1より大きい。すなわち空気より重く発生した可燃性蒸気は低所へ滞留する。したがって、高所の換気よりも低所の換気を十分に行う必要がある。ここ重要

火災予防の方法ここ重要

第4類危険物に共通する性質は、可燃性の蒸気が発生し、引火しやすいということです。そのため、火災の予防では、1.蒸気の発生を抑えること、2.点火源を近づけないことの2点が基本になります。

  • 点火源となる火気や高温体を近づけない。
  • みだりに蒸気を発生させない。
  • 容器は密閉し、直射日光を避けて冷所に貯蔵する。
  • 体膨張による体積の増加に備えて、容器の上部に十分な空間をとる。
  • 第4類危険物の蒸気は低いところに滞留するので、排気設備で屋外の高所に排出する。また、通風・換気を十分に行い、蒸気濃度を低くする。
  • 火花を発生させる機械器具などを使用しない。また、電気設備は防爆性のあるものを使用し、電気火花が発生しないようにする。
  • 配管の流速を小さくしたり、接地するなどの静電気対策を行う。

消火の方法ここ重要

第4類危険物の火災は、一般に酸素供給体を取り除く「窒息消火」が適しています。
反対に、水を使った消火は適していません。第4類危険物の多くは水より軽く、水に溶けない性質をもっています。そのため、水をかけると油膜が広がってしまい、かえって燃焼が広がってしまうおそれがあるのです。

第4類危険物に適した消火剤には、次のようなものがあります。

  • 強化液(霧状放射)
  • ハロゲン化物
  • 二酸化炭素
  • 粉末消火剤

また、アルコール類等の水溶性の液体では、泡が溶けて消えてしまうため、通常の泡消火剤ではなく、水溶性液体用の泡消火剤(耐アルコール泡消火剤)を使います。

第4類危険物の分類

分類 特性
特殊引火物 引火性液体のなかで、特に引火しやすいもの
ジエチルエーテル、二硫化炭素など
第1石油類 引火点が21℃未満の石油類覚える
ガソリンなど
アルコール類 エチルアルコール、メチルアルコールなど
第2石油類 引火点が21℃以上70℃未満の石油類覚える
灯油、軽油など
第3石油類 引火点が70℃以上200℃未満の石油類覚える
重油など
第4石油類 引火点が200℃以上250℃未満の石油類覚える
ギヤー油、シリンダー油など
動植物油類 動植物を原料とする油類
ヤシ油、アマニ油など
危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4の過去問「消火・性質」

「危険物の性質と火災予防・消火の方法」
合格には、60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験科目のうち、消火・性質は35問中10問を占める科目です。
消火・性質は第4類危険物全体に共通する性質を理解し、次に第4類に属する個々の危険物の性質を理解することが重要です。
この科目も法令と同様に暗記問題が多数ありますが、出題頻度が高い「特殊引火物」「ガソリン」「灯油、軽油、重油」等の問題を多数掲載しています。あせらずに1つ1つ覚えていきましょう。

類ごとの性質について

第4類の共通する性質について

共通する火災予防方法について

共通する消火方法について

特殊引火物について

第1石油類について

アルコール類について

第2石油類について

第3石油類・第4石油類・動植物油類について

危険性比較について

事故事例とその対策について