【危険物乙4の過去問】法令 2章
問11. 製造所等の区分・予防規定の解説


2章 問11. 製造所等の区分・予防規定の解説本項目の出題率70%

予防規程とは !?

予防規程とは、製造所等の火災を予防し安全を確保するためのそれぞれ製造所等の実情に合わせた、より具体的で従業員等が尊守しなければならない自主保安に関する規程である。
また、予防規定を作成や変更したときは、市町村長等の認可が必要。

法令上、予防規定について、次のうち誤っているものはどれか。

  • 予防規定は、移送取扱所以外のすべての製造所等において定められていなければならない。
  • 予防規定を定めたときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  • 予防規定を定めなければならない製造所等において、それを定めずに危険物を貯蔵し、又は取り扱った場合は、罰せられることがある。
  • 予防規定を変更したときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  • 予防規定の内容は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合していなければならない。

「1」が正解

2章 問11. 製造所等の区分・予防規定の解説

  • 予防規定を定める義務があるのは、指定数量の倍数に基準のある5施設(製造所・一般取扱所・屋内貯蔵所・屋外貯蔵所・屋外タンク貯蔵所)と指定数量の倍数に係わらず定めなければならない2施設(給油取扱所・移送取扱所)の所有者等である。
  • 予防規定を定めたとき、または変更したときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  • 予防規定の未作成または無許可での危険物の貯蔵及び取扱いは、罰則の対象となる。

【危険物乙4 過去問】
予防規定の必要な施設

製造所等 取り扱う危険物の量
製造所 指定数量の10倍以上
屋内貯蔵所 指定数量の150倍以上
屋外タンク貯蔵所 指定数量の200倍以上
屋外貯蔵所 指定数量の100倍以上
給油取扱所 すべて定めるここ重要
移送取扱所 すべて定めるここ重要
一般取扱所 指定数量の10倍以上

【危険物乙4 過去問】
予防規程に定めるべき主な事項

※ 予防規程に定めるべき主な事項

1 危険物の保安に関する業務を管理する者の職務及び組織に関すること。

2 危険物保安監督者が、旅行、疾病その他の事故によってその職務を行うことができない場合にその職務を代行する者に関すること。

3 危険物の保安に係る作業に従事する者に対する保安教育に関すること。

4 危険物の保安のための巡視、点検及び検査に関すること。

5 危険物施設の運転又は操作に関すること。

6 危険物の取扱作業の基準に関すること。

7 補修等の方法に関すること。

8 施設の工事における火気の使用若しくは取扱いの管理又は危険物等の管理等安全管理に関すること。

9 製造所及び一般取扱所にあっては、危険物の取扱工程又は設備等の変更に伴う危険要因の把握及び当該危険要因に対する対策に関すること。

10 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所にあっては、顧客に対する監視その他、保安のための措置に関すること。

11 災害その他の非常の場合に取るべき措置に関すること。

12 地震発生時における施設及び設備に対する点検、応急措置等に関すること。

13 危険物の保安に関する記録に関すること。

14 製造所等の位置、構造及び設備を明示した書類及び図面の整備に関すること。

危険物乙4の過去問
過去10年間で出題傾向が高い過去問とは?

「危険物に関する法令」
合格には、60%以上つまり15問中9問以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験では、法令科目が35問中15問と、大きなウエイトを占めています。
法令は暗記する項目が多いので大変ですが、条文や数字等を丸暗記するより、法令の意味を理解することが大切です。
法令の過去問では、重要ポイントも詳しく解説しており、その解説を繰り返し読み、問題を繰り返し解くことが合格につながります。

さあ、危険物乙4の過去問をやろう!

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4おススメしたい記事

危険物乙4ってどんな資格なの?やっぱり難しいの?危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になるところですよね。危険物取扱者は、法律で定められている国家資格であり、特に危険物取扱者乙種第4類(危険物乙4)の資格は、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっています。数ある国家資格の中では、合格率が30%以上と比較的高く取得しやすいですが、近年難易度が上がり、合格率が減少しています。そんな難易傾向にある危険物乙4ですが、安心してください。このページでは、合格するまでに必要な具体的な方法をまとめています。