【危険物乙4の勉強方法】
物理・化学
引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性、他


本項目の出題率100%
※ 1回の本試験で燃焼に関連する問題は2問出題されることがあります。

危険物乙4ラボ部
※【危険物乙4の法令】出題ポイントの把握 + 出題傾向が高い過去問
※【危険物乙4の物理・化学】出題ポイントの把握 + 出題傾向が高い過去問
危険物乙4ラボ部燃焼って?
燃焼」とは、簡単にいえばモノが燃えることです。しかし、ここでは別の観点から、燃焼とは何かを考えてみましょう。
物質が酸素と化合することを「酸化」といいます。燃焼は酸化の一種で、特に物質が熱と光を発生しながら酸化することをいいます。
燃焼が起こるためには、必ず必要な要素が3つあります。これを「燃焼の三要素」といいます。
燃焼の三要素 … 燃焼を開始継続するには、可燃物・酸素供給体・熱源の三要素が必要である。ここ重要

危険物乙4の勉強方法
出題ポイントの把握 + 出題傾向が高い過去問

危険物乙4ラボ部引火点・発火点について学ぼう!

危険物乙4の勉強方法
試験によく出る!引火点・発火点

引火点について

可燃性の液体が燃焼するには、燃焼に必要なだけの蒸気が発生していなければなりません。液体の温度が低いと、液体の表面から発生する可燃性蒸気も少ないですが、液体の温度を上げると蒸気の量も増えてきます。

蒸気が燃焼に必要な濃度に達したときの液体の最低温度を「引火点」といいます。ここ重要

※ 引火点が40℃なら、40℃が最低温度である。
引火点は物質によって違います。引火点の低いものは、蒸気が燃焼に必要な濃度に達しやすいため、引火の危険がより大きいといえます。

・ガソリン ⇒ -40℃以下なので、危険性が大きい。
・灯油40℃以上 ⇒ ガソリンに比べて危険性が小さい。

発火点について

可燃物を空気中で加熱したとき、点火源がなくても自ら発火や爆発を起こすときの最低の温度を「発火点」といいます。ここ重要

引火点と同じく、発火点も物質によって違い、低いものほど危険が大きいといえます。

※ 発火点は、どのような危険物であっても必ず引火点より高い。
・ガソリンの発火点は約300℃、引火点は-40℃以下

危険物乙4の勉強方法
試験によくでる!主な第4類危険物の物性値

- 引火点(℃) 発火点(℃) 沸点(℃) 燃焼範囲(vol%) 比重
二硫化炭素 -30 90 46 1.0~50 1.26
ジエチルエーテル -45 160 35 1.9~36 0.7
アセトアルデヒド -39 175 20 4.0~60 0.8
酸化プロピレン -37 449 35 2.8~37 0.83
ガソリン -40 300 40~220 1.4~7.6 0.7~0.8
ベンゼン -11 498 80 1.2~8.0 0.88
トルエン 4 480 111 1.1~7.1 0.87
アセトン -20 465 57 2.2~13.0 0.79
メチルアルコール 11 385 65 6.0~36 0.79
エチルアルコール 13 363 78 3.3~19 0.79
灯油 40 220 145~270 1.1~6.0 0.8
軽油 45 220 170~370 1.0~6.0 0.85
重油 60~150 250~380 300 - 0.9~1.0

危険物乙4の勉強方法
試験によく出る!燃焼範囲・物質の危険性について

燃焼範囲について

ガソリンなどの可燃性の液体は、液体表面から発生する蒸気が薄いと引火しませんが、反対にあまり蒸気が濃くても引火できません。

蒸気と空気との混合の割合が、一定の範囲にあるときだけ、点火すると燃えはじめます。このときの空気中の蒸気濃度の範囲を「燃焼範囲」といいます。例えば、ガソリンの燃焼範囲は、1.4~7.6%です。(単位には「vol%」が使われます)蒸気濃度がそれより濃くても薄くても、ガソリンは引火しません。

蒸気濃度[vol%] = 蒸気の量[㍑] ÷( 空気の量[㍑] + 蒸気の量[㍑] )× 100で求めることができる。

また、燃焼範囲の下限値は、液体温度が引火点に達したときの蒸気濃度です。この値が低い物質ほど、少ない蒸気で引火しやすくなります。

危険性を比較する数値

一般に、引火点や発火点は低いものほど危険性が高く、燃焼範囲は広いほど危険性が高いといえますね。このほか、次のような数値も物質の危険性を比較するときの目安になります。

数値が大きいほど危険

  • 燃焼範囲
  • 燃焼速度
  • 蒸気圧
  • 燃焼熱
  • 火炎伝播(かえんでんぱ)速度

数値が小さいほど危険

  • 引火点
  • 発火点
  • 燃焼範囲の下限値
  • 最小着火エネルギー
  • 電気伝導度
  • 沸点
  • 比熱
危険物乙4ラボ部

さあ、出題ポイントの把握をしたら、実際に過去問を解いていこう !!
資格試験では、問題が解ければ合格するわけですから、実際の問題(過去問)を使って覚えるのが一番要領良く覚えることができ、結果に直結する部分を重点的に勉強できます。
つまり、「出題ポイントの把握 + より実践に近い過去問を解くこと」が何より効果が高いのです。 ここ重要

※【危険物乙4の法令】出題ポイントの把握 + 出題傾向が高い過去問
※【危険物乙4の物理・化学】出題ポイントの把握 + 出題傾向が高い過去問

危険物乙4の勉強方法
引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性、他で出題傾向が高い過去問

危険物乙4ラボ部知識の定着のため、より実践に近い過去問を解いていこう !!

危険物乙4の勉強方法
さあ、今すぐ100問以上の過去問で危険物乙4の試験準備をしよう !

さあ、今すぐ100問以上の過去問で危険物乙4の試験準備をしよう !
危険物乙4ラボ部

「過去問を制する者は資格試験を制す」といった格言があります。これは大げさなことでは決してありません。具体的な勉強方法においては、繰り返し過去問をこなす以上に効果的な勉強法はありません。このカテゴリーでは、100問以上の過去問を掲載し、最短合格の手助けを提供します。

この過去問を解く 

最新の過去問!危険物乙4の本試験で結果を出すために必要な問題
危険物乙4ラボ部

このカテゴリーでは、危険物乙4の最新の過去問を掲載しています。最新の過去問とは、現在の本試験で出題頻度が高い問題、又は新傾向問題を指しています。危険物乙4の試験は、過去問題から類似した問題が数多く出題されますが、年々難易度が上がっており、この最新の過去問もしっかり確認して合格を確かなものにしてください。

この過去問を解く 

危険物乙4 合格率

危険物乙4の合格率30%前後って本当?合格率を上げる3つの方法について
合格率は、危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になりますよね。
また合格率が30%ぐらいと聞くといろいろ不安も出てくると思います。
当記事では、そんな不安を少しでも解消できればと思っています。

危険物乙4おススメしたい記事

これまでにも何回も述べているように、危険物乙4の本試験は「過去問の類似問題」から多数出題されます。
しかし最近約1年間、危険物乙4の本試験を受験して感じていることがあります。それは …
( 1 )年々新しい問題(新傾向問題)が増えていること。これまで、全く同じ問題がその年の1年間繰り返し出題されていましたが、最近では2回出題されればいいほうです。
( 2 )難易度が高い問題が増えていること。特に法令、物理・化学でそれが顕著です。
このような現状を考慮して、危険物乙4過去10年間にわたる過去問と最新の試験問題(1年分)の出題パターンを分析しました。

危険物乙4ってどんな資格なの?やっぱり難しいの?危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になるところですよね。危険物取扱者は、法律で定められている国家資格であり、特に危険物取扱者乙種第4類(危険物乙4)の資格は、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっています。数ある国家資格の中では、合格率が30%以上と比較的高く取得しやすいですが、近年難易度が上がり、合格率が減少しています。そんな難易傾向にある危険物乙4ですが、安心してください。このページでは、合格するまでに必要な具体的な方法をまとめています。