【危険物乙4の過去問】
消火・性質 8章
問5. 第3石油類、第4石油類、動植物油類、第4類全般の解説


本項目の出題率100%
※ 第3石油類、第4石油類、動植物油類、第4類全般はとても出題頻度の高い問題です。
しっかり性状等を覚えましょう!

8章 問5. 第3石油類、第4石油類、動植物油類、第4類全般の解説

動植物油類について、次のうち誤っているものはどれか。

  • 引火点以上に熱すると、火花等による引火の危険性を生じる。
  • 乾性油は、ぼろ布等にしみ込ませ積み重ねておくと自然発火することがある。
  • 水に溶けない。
  • 容器の中で燃焼しているものに注水すると、燃えている油が飛散する。
  • 引火点は、300℃程度である。

「5」が正解

物理・化学に次いで、性質の苦手な方は多いです。
第3石油類の比重、蒸気比重、引火点など大切な数値は
繰り返し本試験で出題されている重要なものです。数値は必ず覚えて合格を目指しましょう!


  • 動植物油を引火点以上に熱すると、火花等による引火の危険性を生じる。
  • 乾性油は、ぼろ布等にしみ込ませ積み重ねておくと、熱が蓄積され自然発火することがある。
  • 動植物油は、非水溶性なので水に溶けない。
  • 容器の中で燃焼しているものに注水すると、液温が高くなっているので燃えている油が飛散し危険である。
  • 引火点は、200~250℃であり、300℃程度は誤っている。
※ 最近の出題傾向より
動植物油類では
(1)自然発火するのは乾性油(ぼろ布等にしみ込んだものは危険性を増す)
(2)引火点は、200~250℃程度
この2点を確実に覚えておきましょう。

※ ワンポイントアドバイス !!
比重が1より大きい危険物には、二硫化炭素(1.3)酢酸(1.05)グリセリン(1.3)等がある。しかし、実際の本試験では酢酸等が出題されることはほとんどないので、試験問題で水より重いと出題されれば二硫化炭素のみが〇(重い)となり、他はすべて×(軽い)になる。

※ 最近の出題傾向における重要問題 !!
1.重油の発火点は、100℃より低い。
⇒ こう出題されたら、答え(×)
・発火点が100℃より低い物品は、二硫化炭素の90℃のみであり、他の第4類の危険物はすべて100℃より高い。

これを覚えて合格率アップ !!

  • 重油は水よりも軽い。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 重油の引火点は、60~150℃である。
    発火点は、250~380℃である。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 灯油の引火点は、40℃以上。
    軽油の引火点は、45℃以上。
    酢酸の引火点は、39℃。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 第2石油類は水溶性と非水溶性のものがある。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • ガソリンの引火点は、-40℃以下である。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • ガソリンの発火点は、約300℃である。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 自然発火しやすいのは、アマニ油、キリ油等の動植物油の乾性油で、それ以外の第4類は、石油製品を含めて自然発火しない。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • 燃焼範囲は、おおむね1~8vol%である。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
  • ガソリンは、種々の炭化水素の混合物である。 ⇒ こう出題されたら、答え(〇)
    ガソリンをはじめ石油製品は、すべて種々の炭化水素の混合物である。

危険物乙4の過去問
8章 問5. 第3石油類、第4石油類、動植物油類、第4類全般の解説

出題パターンからわかる合格のポイント !!
1 第3石油類

第3石油類の問題は非常に出題頻度が高いです。それぞれの特徴を確実に覚えて下さい。
※ 第3石油類とは、重油、クレオソート油その他、1気圧において引火点が70℃以上200℃未満のものをいう。

重油の性質ここ重要

  • 引火点 … 約60℃~150℃
  • 発火点 … 約250℃~380℃
  • 液比重 … 0.90~1.00(水よりやや軽い)
  • 水溶性 … なし
  • 褐色又は暗褐色の粘性のある液体
  • 重油は、粘度等の違いによって、A重油、B重油、C重油に区分されている。
  • 重油はガソリン、灯油、軽油と比べると、色が黒く、粘りがあり、引火点が高い

危険物乙4の過去問 よく試験にでる!主な第3石油類の性質

品名 液比重 沸点[℃] 引火点[℃] 発火点[℃] 燃焼範囲
[vol%]
水溶性
重油 0.9
~1.0
300以上 60
~150
250
~380
×
クレオソート油 1.0以上 200以上 74 336 ×
グリセリン 1.3 291 199 370

第3石油類の性質

  • 非水溶性(重油、クレオソート油など)と、水溶性(エチレングリコール、グリセリンなど)があります。
  • 重油は水に浮きますが、重油以外のものは水より重く、水に沈みます。
  • 引火点が高いため、通常は加熱しなければ引火しません。ただし、燃え始めたときはすでに液温が高くなっているので、引火点の低い物質よりかえって消火が難しくなります
  • 指定数量は、非水溶性のものが2,000リットル、水溶性のものが4,000リットルです。

危険物乙4の過去問 よく試験にでる!第3石油類の性質

重油の性質ここ重要
褐色または暗褐色で粘性があり、揮発しにくい。
一般に水よりも軽い。水には溶けない。ここ重要
重油は、粘度等の違いによって、1種(A重油)、2種(B重油)、3種(C重油)に区分されている。
1種と2種の引火点は、日本工業規格では60℃以上と規定されている。
いったん燃え始めると、液温が高くなっているので消火が困難な場合がある。ここ重要
不純物として含まれる硫黄は、燃えると有毒ガス(亜硫酸ガス)を発生します。
クレオソート油の性質
コールタールより製造する。
濃黄褐色の特異臭ある液体である。
水よりも重い。
水には溶けないが、アルコール、ベンゼン等の有機溶剤に溶ける。

出題パターンからわかる合格のポイント !!
2 第4石油類

※ 第4石油類とは、ギヤー油、シリンダー油その他、1気圧において引火点が200℃以上250℃未満のものをいう。
  • 1. 揮発しにくく(常温では蒸気は出ていない)、粘性のある液体である。
  • 2. 一般に比重は、水より軽いものが多い。
  • 3. 燃えているとき、液温が高くなっている(250℃以上で発火点に近い場合がある)ので消火が困難な場合がある。

出題パターンからわかる合格のポイント !!
3 動植物油類

※ 動植物油類とは、動物の脂肉等又は植物の種子もしくは果肉から抽出したもので、1気圧において引火点が250℃未満のものをいう。
  • 1. 一般に引火点は200~250℃である。
  • 2. 燃えているときは、液温が高くなっているので消火が困難な場合がある。
  • 3. ヨウ素価の大きい乾性油は、自然発火しやすい。
  • 4. アマニ油等の乾性油は、ぼろ布等にしみ込んでいると自然発火しやすい。
区分 ヨウ素価 品名 自然発火
の有無
乾性油 130以上 アマニ油
キリ油
しやすい
半乾性油 100
~130
なたね油
大豆油
不乾性油 100以下 ヤシ油
落花生油
しにくい

危険物乙4の過去問 よく試験にでる!
覚える必要がある主な水溶性、非水溶性の危険物

- 水溶性の危険物 非水溶性の危険物
特殊引火物 アセトアルデヒド
酸化プロピレン
二硫化炭素
ジエチルエーテル
第1石油類 アセトン
ピリジン
ガソリン
ベンゼン
トルエン
酢酸エチル
メチルエチルケトン
アルコール類 メタノール
エタノール
プロピルアルコール
なし
第2石油類 酢酸 灯油
軽油
キシレン
第3石油類 エチレングリコール
グリセリン
重油
クレオソート油
アニリン
ニトロベンゼン
第4石油類 なし ギヤー油
シリンダー油
タービン油
マシン油
モーター油
動植物油類 なし アマニ油

危険物乙4の過去問
過去10年間で出題傾向が高い過去問とは?

「危険物の性質と火災予防・消火の方法」
合格には、60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験科目のうち、消火・性質は35問中10問を占める科目です。
消火・性質は第4類危険物全体に共通する性質を理解し、次に第4類に属する個々の危険物の性質を理解することが重要です。
この科目も法令と同様に暗記問題が多数ありますが、出題頻度が高い「特殊引火物」「ガソリン」「灯油、軽油、重油」等の問題を多数掲載しています。あせらずに1つ1つ覚えていきましょう。

さあ、危険物乙4の過去問をやろう!

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4おススメしたい記事

危険物乙4ってどんな資格なの?やっぱり難しいの?危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になるところですよね。危険物取扱者は、法律で定められている国家資格であり、特に危険物取扱者乙種第4類(危険物乙4)の資格は、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっています。数ある国家資格の中では、合格率が30%以上と比較的高く取得しやすいですが、近年難易度が上がり、合格率が減少しています。そんな難易傾向にある危険物乙4ですが、安心してください。このページでは、合格するまでに必要な具体的な方法をまとめています。