危険物乙4 最新の過去問
「第8回 物理・化学」
問1. 自然発火の解説


問1. 自然発火の解説

次の自然発火に関する文の( )内のA~Eに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。

「 自然発火は、他から点火源が与えられなくても、物質が空気中で常温20℃において( A )し、その熱が長時間蓄積されて、ついに( B )に達し、自然に発火するに至る現象である。自然発火性を有する物質が、自然に発火する原因として、( C )( D )、吸着熱、重合熱、発酵熱等が考えられる。多孔質、粉末状、繊維状の物質が自然発火を起こしやすいのは、空気に触れる面積が大で、酸化を受けやすいと同時に、( E )が小さいため、保温効果が働きやすく、熱が蓄積されやすいからである。」

  • 【A】発熱 【B】引火点 【C】分解熱 【D】酸化熱 【E】熱の伝わり
  • 【A】酸化 【B】発火点 【C】燃焼熱 【D】生成熱 【E】電気の伝わり
  • 【A】発熱 【B】発火点 【C】酸化熱 【D】分解熱 【E】熱の伝わり
  • 【A】酸化 【B】燃焼点 【C】燃焼熱 【D】酸化熱 【E】燃焼の速さ
  • 【A】発熱 【B】引火点 【C】分解熱 【D】生成熱 【E】電気の伝わり

「3」が正解

自然発火について

空気中で常温の状態にある物質が、加熱しないのに自然に発熱し、その熱が長時間蓄積されて発火点に達し、燃焼を起こす現象を「自然発火」といいます。

発熱の原因には、分解熱(セルロイドなど)、酸化熱(石炭など)、微生物による発熱(堆肥など)などがあります。

問1. 自然発火の解説

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4 最新の過去問
「第8回 物理・化学」

「物理・化学の基礎」
合格には、60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験科目のうち、物理・化学は35問中10問を占める科目です。物理や化学は基礎的な項目が主で、複雑な計算問題はほとんどありません。
しかしながら苦手意識がある人も多いのではないでしょうか。最新問題を1問1問じっくり解いて頂き、苦手意識のある問題を早めに克服して、本試験までにより理解を深めて下さい。