危険物乙4 最新の過去問
「第1回 法令」
問43. 消火・警報設備


問43. 消火・警報設備

法令上、製造所等の消火設備について、次のうち誤っているものはどれか。

  • 霧状の強化液を放射する小型の消火器及び乾燥砂は、第5種の消火設備である。
  • 所要単位の計算方法として、危険物は指定数量の10倍を1所要単位とする。
  • 地下タンク貯蔵所には、第5種の消火設備を2個以上設ける。
  • 電気設備に対する消火設備は、電気設備のある場所の面積100㎡ごとに1個以上設ける。
  • 消火粉末を放射する大型の消火器は、第5種の消火設備である。
危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4
最新の過去問「第1回 法令」

「危険物に関する法令」
合格には、60%以上つまり15問中9問以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験では、法令科目が35問中15問と、大きなウエイトを占めています。
法令は暗記する項目が多いので大変ですが、条文や数字等を丸暗記するより、法令の意味を理解することが大切です。
この最新問題を通して、不得意な問題やあいまいな知識を再確認し、本試験までにはすべての問題を正解できるぐらい解くことをお勧めします。

消防法上の危険物について

指定数量について

危険物規制の法令体系について

製造所等の区分について

製造所等の設置(変更)許可について

製造所等の完成検査・仮使用について

各種申請・届出について

危険物取扱者制度について

危険物保安講習について

危険物保安統括管理者・危険物保安監督者・危険物施設保安員について

予防規程について

定期点検について

保安距離・保有空地について

各製造所等の基準について

標識・掲示板について

消火・警報設備について

貯蔵・取扱いの基準について

運搬の基準について

移送の基準について

義務違反に対する措置について