なぜ、通信講座は合格率が高いの?
危険物乙4に合格できる5つの理由

どうしても独学だと勉強方法に不安が・・・
仕事もあるからなかなか勉強する時間がないんです・・・

あなたはどうですか?
資格を取得したいと思っても人それぞれの事情もあり、悩みは多いものです。もしかするとあなたもそうかもしれません。特に仕事をしながらだと勉強って大変ですよね。

そんな方におススメなのが、忙しくても、仕事をしながらでも時間を有効活用して効率よく合格を目指せる通信講座をご紹介します。

なぜ、通信講座だったり教育機関の講座を受講すると合格しやすくなるかと言うと、「合格できるノウハウ」が凝縮されているからです。

私も長年、資格学校で講師をしていますが、教育機関や通信の講座を受講するメリットは大いにあると考えています。
しかし、少なからずデメリットもあります。

この記事を読むことで、通信講座のメリットとデメリットを理解し、失敗しない講座選びをしましょう。

いま悩んでいるあなたに、少しでも合格へのサポートができれば幸いです。
では、通信講座選びのポイントを見ていきましょう。

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問
  • 広告

  • 広告

失敗したくない !
危険物乙4の通信講座選びを徹底解説

「通信講座選びで失敗したくない !」誰でもそう思いますよね。当記事では、失敗しない通信講座選びのポイントをまとめています。

通信講座が注目を集める理由

現在の日本では、インターネットが急速に普及していて、私たちの生活をすごく便利にしてくれています。

インターネットはビジネスだけではなく、プライベートでも多く利用されるようになり、15~59歳のインターネット利用率は9割を上回っており、60~79歳のインターネット利用率も上昇傾向にあります。

パソコンがあると、自分の知りたい情報を簡単に検索することができるのも、インターネットのおかげなのです。

また、インターネットは教育現場でも頻繁に活用されています。

「東京都内の小中学校、授業にタブレット端末導入」なんてニュースを目にしたり、高校、医療専門学校などでは、当たり前のようにインターネット環境(タブレット)を利用した授業が行われています。

どの教育現場でもタブレット端末導入後に、こんな声をよく耳にします。

「いつどこでも使えるタブレット端末やアプリの特性を活かし、生徒がすき間時間や帰宅後の時間などを使って自由に勉強できる」

「生徒は課題を納得するまで繰り返し、それを先生が個別添削することで、生徒の自発学習とマンツーマン指導を実現した」

また、医療専門学校では、「教科書では平面でしか見られなかった筋肉や骨の構造と動きが、タブレットなら3D画像アプリを使ってあらゆる角度から確認でき、理解しやすいと好評だ」

など、教育現場では、授業の質が大幅に向上しているのは間違いないようです。

通信講座がすごい勢いで発展している

通信講座の分野も、すごい勢いで発展しています。

以前は、「学校」といえば、「通学して勉強する」のが一般的でした。
テキストの学習にプラスして、「学校での授業」を受ける効果は絶大です。

重要なのは、「授業を受ける」ことで、とても学習効果があるのです。

しかし、インターネットの急速な普及を背景に、自宅に居ながらにして、映像を使い、講師の授業が受けられるようになり、通学での学習と同等以上の効果が期待できるようになりました。

これにより、近年では、通学講座が減少傾向になり、通信講座による学習が急速に増加しています。

現在は、雇用形態が多様化し、それに伴って個人のライフスタイルが変化してきました。 そうなると、それぞれが好きな時間と場所で学習するという傾向が強くなり、通学講座の学習スタイルが時代に合わなくなってきているのではないかと考えられています。

今後の通信教育市場の動向予測でも、「映像授業」というコンテンツを提供する業態が今後も増加傾向にあると発表しています。

また、最近のトレンドとして注目されているのが、ゲームを応用した技術です。ゲームの手法やゲームをデザインする技術を応用して学習者を目標の達成に引き込んだりモチベーションを高めたりするもので、徐々に活用され始めています。

やはり、仕事をしながらでも、自分の好きな時間・場所・内容を選んで学べる通信講座の需要は、今後ますます高まることが予測されます。

通信講座のメリットとは?

「私が通信講座を選んだ理由」と題して、実際にアンケートしたデータを元に表を作成しています。

アンケート結果
私が通信講座を選んだ理由(複数回答可)
仕事や子育てをしながらでも、自分の好きな時間・場所・内容を選んで学べるから。
独学では、勉強方法が分からなかったから。また勉強方法に不安があったから。
通学の学校は通うのが面倒だから。通学時間や交通費が無駄だと思ったから。
4すき間時間にDVDやCDを、何度でも見たり聞いたりできるから。また、スマートフォン(タブレット)でのWEB授業もあったから。
5覚えるポイントを重点的に学習できるから。(テキストの質が高いから)
※ 重要

通信講座の最大のメリット !!

通信講座の最大のメリットはなんといっても、「自分の好きな時間・場所・内容を選んで勉強が進められる」という点にあります。
学習する人は、この学習スタイルの最大のメリットをいかに活用して、自身の成長に繋げられるかが、ポイントだと私は考えています。

次に重要なメリットは、教材が豊富でコンパクトにまとまっていることです。
独学の場合、過去問から試験に出題される重要ポイントを割り出し、そこを参考書を使い重点的に覚えます。

しかし、通信講座の場合は、すでに重要ポイントがコンパクトにまとまっており、覚えるべき内容が明確になっています。勉強する上で、効率は格段によくなります。ここ重要

まさに、通信講座のテキストは、「合格する為のテキスト」なのです。

「40年以上の実績を持つ、充実の教材 !!」 技術系の通信教育講座ならJTEX充実の教材

通信講座のデメリットはなんですか?

私がよく耳にする、通信講座のデメリットです。デメリットもしっかり理解し、講座選びに役立ててください。

よく耳にする、通信講座のデメリット
1基本的に1人で勉強するため、モチベーションの維持が大切である。
通信講座の最大のメリットはなんといっても、「自分の好きな時間・場所・内容を選んで勉強が進められる」という点にあります。そして、このメリットを最大限に活かすには、「継続する力」が必要です。継続するには、モチベーションの維持が欠かせません。
通学講座の場合は、目標を共有できる仲間がいます。しかし、通信講座は基本的に1人で勉強しなくてはなりません。合格する強い意志が必要になります。
2分からないことがあっても、すぐに講師に質問できない。質問に対しての返答が遅いことがある。
通信講座の場合は、質問を電話や郵送、インターネットで行うことになりますが、郵送やインターネットの場合には、回答まで時間がかかる場合があることがデメリットになります。
また、通信講座では質問回数が制限されている場合が多いです。これは申し込む前に「制限あり」か「制限なし」か「有料」かなど必ず確認することをお勧めします。
3自分で勉強のスケジュール管理が求められる。
通信講座は自分の好きな時間に勉強することができる半面、自分で勉強のスケジュール管理ができないと、勉強を先送りしてなかなか勉強が進まなくなってしまうことがあります。時間は人に与えてもらえるものではありませんから、自分で工夫して作るしかないものです。
自宅にいると誘惑は多いものです。テレビ、マンガ、スマホ、パソコンなど、なかなか勉強に集中できないこともあると思います。
そこはすき間時間や通勤・通学前の時間をうまく利用して勉強することが大事です。毎日コツコツ勉強するクセを身につけていきましょう。

通信講座選びで重要なポイントとは?

インターネットの急速な普及を背景に、自宅に居ながらにして、映像を使い、講師の授業が受けられるようになり、通学での学習と同等以上の効果が期待できるようになりました。

自分の好きな時間・場所・内容を選んで学べる通信講座の需要は、今後ますます高まることが予測されます。

これから紹介する通信講座選びの重要なポイントをしっかり把握し、失敗しない講座選びをしましょう。

通信講座を選ぶときに
押さえておきたい3つのポイント
1テキストは、解りやすく説明されているか。
通信講座のテキストは、重要ポイントがコンパクトにまとまっており、覚えるべき内容が明確になっています。勉強する上で、効率は格段によくなります。
しかし、すべての通信講座のテキストが解りやすく作成されているわけではないので、以下のことを確認してください。
※ 重要

勉強しやすいテキストの条件とは?

勉強しやすいテキストの条件は、合格に必要な情報がしっかりと正確に記載されているかどうかです。

1項目ごとに重要度が示されており、覚えなければならない項目が正確にわかる。ここ重要
2試験によく出題される項目が赤字などで示されている。
3理解しにくい箇所は、文字だけではなく、イラストや図表などで表現されている。
2サポート体制を確認する。
通信講座では、受講している方をサポートするサービスが用意されています。その種類、内容は通信講座ごとに異なっていますので、よく確認するようにしてください。
ここで代表的なサポートの種類と内容をご紹介したいと思います。
※ 重要

代表的なサポート体制の種類と内容

1質問サポート

サポートとして一番代表的なのがこの質問サポートです。質問サポートとは、講座を勉強中に疑問点などを質問できるサービスです。
この質問サポートで抑えておきたいポイントとしては以下の3つが挙げられます

1質問方法
質問方法には、メール・郵便・電話などがあります。講座によって、メールのみの場合もあるので、確認しましょう。
2質問回数
質問回数は、回数制限がある場合が多いです。また有料なのか無料で無制限なのか。確認しましょう。
3回答の期日

質問の返答は、どれぐらいの日数がかかるのか。期間が長いと質問の意図すら忘れてしまいかねない。

2添削指導サポート

自分では気づきにくい弱点に対して、講師が個別で添削し指導してくれるサービスです。弱点の克服に繋がり、モチベーションの維持にも効果的です。

3Web学習システム

Web学習システムとは、パソコン、スマートフォンやタブレット端末から講義が視聴できるサービスです。すき間時間や通勤・通学の際にも活用でき、学習効率は格段に上がりますここ重要
※ まれにWeb学習システムの対応端末がパソコンのみの場合があるので、確認するようにしてください。

3講義DVDがあれば必ずチェックする。
通信講座の学習には、DVD・CD・Web学習システムなどのメディア教材がとても大きな役割をしてくれるので、高い学習効果が期待できます。このメディア教材がない通信講座ですと、主にテキストのみの学習になるので独学とそれほど変わらなくなるでしょう。
やはり、講義DVDを提供している通信講座の方が、高い学習効果が期待できます。

※ 重要

メディア教材の提供方法を確認する !!

1講義映像での提供か、音声のみの提供か。

2Web学習システム(インターネット)での映像提供か、DVDでの提供か。

自分が求めている、提供方法を確認しましょう。ここ重要
資料請求をすれば、講義DVDのサンプルが付いてくるところがありますので、必ずご自身で視聴してから選ぶようしてください。

「40年以上、技術関連通信講座一筋に教材開発を行ってきたJTEXのテキストは、利用企業数6,000社以上受講者総数は200万人越え !!」 技術系の通信教育講座ならJTEX充実の教材

通信講座で合格できるコツとは?

近年では、インターネットの急速な普及を背景に、自宅に居ながらにして、映像を使い、講師の授業が受けられるようになり、通学での学習と同等以上の効果が期待できるようになりました。

先述した通り、通信講座の最大のメリットはなんといっても、「自分の好きな時間・場所・内容を選んで勉強が進められる」という点にあります。
学習する人は、この学習スタイルの最大のメリットをいかに活用して、自身の成長に繋げられるかが、ポイントだと私は考えています。

そして、このメリットを最大限に活かすには、「継続する力」が必要です。継続するには、モチベーションの維持が欠かせません。
では、モチベーションを維持するにはどうしたらいいのか?

ここでメジャーリーガー イチロー選手の言葉をご紹介します。

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行く、ただひとつの道」

この言葉は逆にいうと、小さなことを積み重ねていくことでしか成功はないということ。

小さなことを積み重ねていく = 小さな目標を掲げ、それを達成し、このことを繰り返し積み重ねていく。

漠然と高い目標だけを掲げ、それに向けて長い期間モチベーションを保っていくのは、なかなか難しいことです。しかし、小さな目標を掲げ、それを達成することで、成長をその都度実感できますし、過程を楽しむことができます。

通信講座での合格者は、特別な能力なんてもっていません。こういった小さな達成感の積み重ねの上に成り立っている継続力(持続力)を持ち合わせているだけなのです。

難しい目標なんて掲げる必要はありません。目標は、いつもシンプルで明確に設定しましょう

次に、小さな目標を掲げ、それを達成するためには、時間をつくり勉強しなくてはなりません。

1日は、24時間です。人間には、この時間が平等に与えられています

1日のうち、自分が自由に使える時間を考えてみてください。
「通勤の時間」「昼寝する時間」「テレビを見る時間」「インターネットをする時間」「マンガを読む時間」「音楽を聴く時間」など、自由に使える時間です。

この自由に使える時間を有効に活用し、「勉強する時間」を作り出してください。自由に使える時間の質を、どのように高めるか策を練りましょう。

そして、最後に、「合格したければ、1回今までの自分の勉強方法を潔く捨てて、徹底的にうまくいっている人のマネをすること」も大切です。

なぜなら、勉強方法を試行錯誤している時間がもったいないからです。自分流の勉強方法で早々に壁にぶち当たって、モチベーションが低下したら元も子もありません。(※ 自身の勉強方法が確立されていれば問題はありません。)

まずは、勉強方法を試行錯誤しているなら、徹底的にうまくいっている人のマネを(合格体験談などを参考にするのも良い)し、成功体験を多く積むことが重要なのです。

まとめ 合格できる通信講座は?

これまで、「通信講座のメリット・デメリット」、「通信講座選びのポイント、合格できるコツ」を中心に記述してきました。
しかし、数ある通信講座の中から1つだけを選択するのはすごく難しいですよね。いくつも資料請求したり、インターネットで情報を集めたり …。時間も手間もかかってしまいがちです。

そこで、私から1社ご紹介します。ぜひ参考にしてください。
この会社は、技術系の通信講座を専門に40年以上の実績があり、東京都知事認可の職業訓練法人であることから非常に質の高い講座を提供しています。

技術系の通信教育講座ならJTEX

なんと、参考書・テキストは利用企業数6,000社以上、受講者総数は200万人を越えていますここ重要
その会社は「JTEX(ジェイテックス)」40年以上、技術関連通信講座一筋に教材開発を行ってます。

初心者にもわかり易く「段階を踏んだ解説」「効果的なアドバイス」など合格できるテクニックが満載。最近の本試験の出題傾向を分析し、非常に広い出題範囲をきめ細やかにカバーしています。ほかの追随を許さない充実した教材で国家資格をあなたのものにできます。

JTEXの講座の特徴は?

  1. なんと言っても40年以上の実績です。それに加え、技術系講座の専門通信講座なので合格させるノウハウがすごいです。注目点
  2. 理解力を養うため、段階を踏んだレポートシステムがあります。なので、無理なく学力が身に付きます。
  3. 通信講座の中では、非常に低価格であり、他社の講座よりも非常に安価である。
  4. サポートしてくれる講師が、合格指導に定評のある講師陣ばかりである。

より詳しく知りたい方は、資料請求などをしてみて下さいね。技術系の通信教育講座ならJTEXで、ぜひ合格を勝ち取りましょう !!

危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4おすすめ問題集

危険物乙4の本試験では、過去に出題された類似問題が多数出題されますが、最近では、今まで出題されなかった新傾向問題もより多く出題されるようになりました。そういった類似問題・過去問題をいかに多く解くかが合格のカギを握ります。ここで紹介している問題集は、実際の本試験で出題された復元問題が多く掲載されています。
そのような質の高い問題を繰り返し解くことで、より重要な項目を自然に暗記できレベルの高い問題が解けるようになります。
もちろん、危険物に関して知識がない初心者の方でも、わかり易い内容・構成になっているので安心して勉強できます。

  • 【危険物乙4ベストセラー参考書】

    10日で受かる! 乙種第4類危険物取扱者すい~っと合格(増補改訂版)

    最小限の努力で合格点を取りたい人向け !! 本書解説ページで出題ポイントと専門用語の説明を一読したら、付録の「丸暗記ノート」と付属の赤シートを使って重要ワードを徹底的に覚えましょう。あとは本書に収録している過去問題130問を解いて、自信をもって試験に臨みましょう。 [264ページ、1,728円]

  • 【危険物乙4ベストセラー問題集】

    乙種4類危険物取扱者試験 平成30年版

    危険物乙4の「危険物乙4ベストセラー」の合格できる問題集 !! 「危険物乙種4類 危険物取扱者試験 平成30年版」は、復元された過去問457問を収録してるので、本試験の難易度と変わらない問題を解くことができます。重要項目・覚えるべき内容がわかり易く整理してあるので、短期間で合格できます。 [354ページ、1,800円]

  • 【いま注目の問題集】

    ホントによく出る乙4類危険物試験問題集 (LICENCE BOOKS)

    本書は、20年以上にわたる受験指導の経験と、多数かつ最新の再現問題による完璧な出題傾向分析に基づいた危険物乙4試験の受験問題集です。科目毎に項目の出題率が記述されており、最新の出題傾向が丸わかりになっています。是非読んでみて下さい。 [267ページ、1,512円]

  • 【過去問が完璧に再現されている問題集】

    過去問パターン分析!乙4類危険物試験 解法ガイド

    鈴木 幸男 (著)待望の最新版 !!
    20年以上に及ぶ講師経験と、緻密な問題分析による『簡便法』という解答手法なども豊富に掲載し、合格のためのエッセンスを一冊に凝縮しています。是非読んでみて下さい。 [279ページ、1,620円]

危険物乙4おススメしたい記事

これまでにも何回も述べているように、危険物乙4の本試験は「過去問の類似問題」から多数出題されます。
しかし最近約1年間、危険物乙4の本試験を受験して感じていることがあります。それは …
( 1 )年々新しい問題(新傾向問題)が増えていること。これまで、全く同じ問題がその年の1年間繰り返し出題されていましたが、最近では2回出題されればいいほうです。
( 2 )難易度が高い問題が増えていること。特に法令、物理・化学でそれが顕著です。
このような現状を考慮して、危険物乙4過去10年間にわたる過去問と最新の試験問題(1年分)の出題パターンを分析しました。

危険物乙4ってどんな資格なの?やっぱり難しいの?危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になるところですよね。危険物取扱者は、法律で定められている国家資格であり、特に危険物取扱者乙種第4類(危険物乙4)の資格は、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっています。数ある国家資格の中では、合格率が30%以上と比較的高く取得しやすいですが、近年難易度が上がり、合格率が減少しています。そんな難易傾向にある危険物乙4ですが、安心してください。このページでは、合格するまでに必要な具体的な方法をまとめています。