ビルメンの90%以上の会社で必要な資格
【初級編】危険物乙4とは?

ビルメン 資格

危険物乙4ラボ部です。

皆さん、いつも当サイトをご覧くださりありがとうございます!
勉強はどうですか?はかどっているでしょうか。

私は長年、資格の学校で講師をしており、危険物乙4講座の授業の他に転職個別サポートも行っています。
そのノウハウを生かし、有益な情報を書ければと思ってます。

本日は、「ビルメンの90%以上の会社で必要な資格【初級編】危険物乙4とは?」についてです。

まずは、危険物乙4の合格率について簡単に知っておきましょう。

  • 平成29年度の受験者数 256,587名 合格者数 88,328名
  • 平成29年度の合格率は 34.4%
  • 過去5年間の平均の合格率は 30.74% 近年、難易度が上昇

それでは、ビルメンの90%以上の会社で必要な資格 危険物乙4 についてお話したいと思います。

【ビルメンに必要な資格】
危険物乙4の難易度や合格率は?

ビルメンで働くなら、資格取得は必須です。
まずはビルメン会社のほぼ全てが推奨している「ビルメン資格4点セット」を取得してください。
資格を取得すれば、転職に有利になるのは間違いありません。また「ビルメンの基本的な知識は勉強してあるという証明」にもなります。
ビルメン業界は「実務経験(技術)」と「資格」の2点がとても重要視されます。まずは、資格という”武器”を持ち、より効率的に転職活動を行いましょう !!
では、ご覧ください。

【ビルメンに必要な資格】
危険物乙4とはどんな資格?

ビルメン 資格

まずは初級編として、危険物乙4(通称:乙4)について説明します。

危険物取扱者とは政府が消防法で定めた特定の薬品を取り扱う際に、一定の知識以下の者が取り扱うのは非常に危険が伴うため、設置した国家資格です。

各類の中でも、危険物乙4は引火性液体(ガソリン、灯油、軽油など)を扱う資格で、取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっており、もし勤務先の会社が指定数量を超えた危険物を扱うとなったときに、危険物保安監督者に大抜擢される可能性が高まります。

また、他の資格に比べて比較的短期間で取得できて就職、転職につながる便利な国家資格です。

甲種 第 1 類 ~ 第 6 類の全ての種類の危険物の取扱いと立会いができる。
乙種 【 第 1 類 】 酸化性固体
【 第 2 類 】 可燃性固体
【 第 3 類 】 自然発火性物質及び禁水性物質
【 第 4 類 】 引火性液体
【 第 5 類 】 自己反応性物質
【 第 6 類 】 酸化性液体
丙種 第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油・軽油など指定されたもののみ取扱いができる。

【ビルメンに必要な資格】
危険物乙4の合格率は?

ビルメン 資格
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成29年度 256,587名 88,328名 34.4%
平成28年度 264,946名 76,575名 28.9%
平成27年度 271,234名 79,718名 29.4%
平成26年度 275,415名 80,347名 29.2%
平成25年度 283,193名 90,061名 31.8%
平成24年度 293,211名 98,764名 33.7%

※ このように合格率データを参照すると以外にも危険物乙4の合格率が低く、難易度が高いと思われるかもしれませんね。
しかし、本当に難易度が高いのでしょうか?

詳しくは「【危険物乙4 合格率】30%って本当?危険物乙4の合格率を上げる3つの方法はこちら 」をご覧ください。

【ビルメンに必要な資格】
危険物乙4の合格基準は?

ビルメン 資格

危険物乙4の試験(出題数は35問)は、以下の3科目から構成されています。

  • 危険物に関する法令(法令)35問中15問 (60%以上つまり15問中9問以上の正解数が必要)
  • 基礎的な物理学及び基礎的な化学(物理・化学)35問中10問 (60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要)
  • 危険物の性質と火災予防・消火の方法(消火・性質)35問中10問 (60%以上つまり10問中6問以上の正解数が必要)
合格基準は、各科目毎に60%以上正解すれば合格です。

【ビルメンに必要な資格】
なぜ、ビルメンに資格が必要なのか?

ビルメンに資格が必要な最大の理由は、”資格(免許)がなければ行ってはいけない業務があるから”です。
次に、資格を通して業務に必要な知識を身に付けることができます。

では、ビルメンに”危険物乙4”の資格が必要な理由は…
例えば、ビルメンの現場には非常用の発電機があり、その燃料に重油やガソリン(第4類危険物)が使われており、危険物を正しく取り扱える知識を有する資格者が必要だからです。
また、危険物乙4はビルメンに必要な資格の中でも登竜門的な資格で、この資格で得た知識を元に、より上位の資格へステップアップできます。

【ビルメンに必要な資格】
ビルメンは資格手当で稼げ!!

ビルメンは基本給がとても低いです。手当で稼ぐしかありません。 では、ビルメンにはどのような手当があるのか?

※ ビルメンの主な手当は次の通りです。 ポイント !!
  • 資格手当
    ビルメン会社によっては、上限があったり、毎月支給される場合と一時金として支給される場合があります。
    私のおすすめは、資格手当の「上限はなし」で「毎月手当は支給される」ほういいです。
    最悪、上限はあったとしても3万円ぐらいはあったほうがいいでしょう。
    また、毎月資格手当は支給されたほうがいい理由は、長期的に考えれば毎月支給されたほうが金額的に得するからです。
  • 残業手当
    サビ残とかある会社は論外なので、そんな会社はやめましょう。
  • 宿直手当
    宿直回数は、月平均4~8回ぐらいでしょうか。1回の宿直につき2000円~4000円が相場ではないでしょうか。これは要確認です。
  • 深夜手当
    工事などで深夜立会いなどが発生した場合の手当です。
  • 年末年始手当
    年末年始に出勤した場合に発生する手当です。私がいた現場は8000円でした。
  • 選任手当
    これは重要です。ビル管理士や電験三種など一定の資格を有した者が選任(登録)された場合に支給される手当です。
    これが支給されない会社は絶対におすすめしません!論外です。責任ばかり大きくなって大変な思いをするのはあなたです。
    これも要確認です。

※上記は、あくまで私の知っている手当てです。

詳しくは「【ビルメン 転職】必見!ビルメンに転職する際に注意してほしい10のこと 」をご覧ください。

【ビルメンに必要な資格】
資格講座(通信講座)で合格率を20%上げよう!

資格試験を受験するときは、誰だって不安なものです。不安な理由で圧倒的に多いのが
「独学だと勉強方法に不安がある。」
「仕事や学校でなかなか勉強する時間がない。」
「1回チャレンジしたけど、不合格になった。」という理由です。

当記事をご覧頂いてる多くの人は、資格の勉強に興味がある、又は、実際に勉強中の人もいるかと思います。
やはり”資格試験は結果が全て”です。
よく資格試験で不合格になる人は、”頑張るのが目的になってしまいがち”です。
あくまで目的は”試験で結果を出すこと”です。
では、見ていきましょう。

【ビルメンに必要な資格】
資格講座(通信講座)のメリットとは?

以前は「資格講座」といえば、「通学して勉強する」のが一般的でした。
「通学して勉強する」に加えて、自宅でも勉強・復習すれば学習効果は絶大です。

しかし、インターネットの急速な普及を背景に、自宅に居ながらにして、質の高いテキストや映像を使い講師の授業が受けられるようになり、通学での学習と同等以上の効果が期待できるようになりました
これにより、近年では、通学講座が減少傾向になり、通信講座による学習が急速に増加しています。
現在は、雇用形態が多様化し、それに伴って個人のライフスタイルが変化し、それぞれが好きな時間と場所で学習したいという傾向が強くなり、通学講座の学習スタイルが時代に合わなくなってきているのではないかと考えられています。

私が資格講座(通信講座)を選んだ理由」と題して、実際にアンケートしたデータを元に表を作成しています。

アンケート結果
私が資格講座(通信講座)を選んだ理由(複数回答可)
仕事や学校、子育てをしながらでも、自分の好きな時間・場所・内容を選んで学べるから。
独学では、勉強方法が分からなかったから。また自分の勉強方法に不安があったから。
覚えるポイントを重点的に学習できるから。(テキストの質が高いから)
4すき間時間にテキストやDVDを、何度でも見たり聞いたりできるから。
5通学の資格学校は通うのが面倒だから。通学時間や交通費が無駄だと思ったから。
※ 重要

資格講座(通信講座)の最大のメリット !!

資格講座(通信講座)の最大のメリットはなんといっても、「自分の好きな時間・場所・内容を選んで勉強が進められる」という点にあります。
学習する人は、この学習スタイルの最大のメリットをいかに活用して、自身の成長に繋げられるかが、ポイントだと私は考えています。

次に重要なメリットは、教材が豊富でコンパクトにまとまっていることです。
独学の場合、過去問から試験に出題される重要ポイントを割り出し、そこを参考書を使い重点的に覚えます。

しかし、資格講座(通信講座)の場合は、すでに重要ポイントがコンパクトにまとまっており、覚えるべき内容が明確になっています。勉強する上で、効率は格段によくなります。ここ重要

まさに、資格講座(通信講座)のテキストは、まさに「合格できるテキスト」なのです。

【ビルメンに必要な資格】
資格講座(通信講座)選びの重要な3つのポイントとは?

これから紹介する資格講座(通信講座)選びの重要なポイントをしっかり把握し、失敗しない講座選びをしましょう。

  • 合格実績の確認資格試験は結果が全て”です。必ず合格実績を確認してください。実績があれば質の高い教材やサポート体制がある証明になります。
  • 教材は、初心者でもわかり易い内容なのか資格講座(通信講座)のテキストは、重要ポイントがコンパクトにまとまっており、覚えるべき内容が明確になっています。勉強する上で、効率は格段によくなります。
  • サポート体制を確認する資格講座(通信講座)では、講座を受講している方を対象にしたサポート(サービス)が用意されています。その種類、内容は講座ごとに異なっていますので、よく確認するようにしてください。

先述した通り、資格講座(通信講座)の最大のメリットはなんといっても、「自分の好きな時間・場所・内容を選んで勉強が進められる」という点にあります。 学習する人は、この学習スタイルの最大のメリットをいかに活用して、自身の成長に繋げられるかが、ポイントだと私は考えています。

私は10年以上資格の学校で講師(通信講座の企画や開発)をしています。 そのノウハウや経験から”合格できる通信講座”をご紹介します。

【ビルメンに必要な資格】
JTEX(ジェイテックス)

  • 【サイト名】技術講座専門のJTEX
  • 【運営会社】株式会社 ソキュアス
  • 【おすすめポイント】技術系資格、新人研修、マネジメント、技術向上等の通信教育講座です。利用企業数6,000社以上、200万人を超える受講者を抱える『JTEX』の総合サイト。

技術系の通信講座・資格取得対策の通信講座なら職業訓練法人 JTEX(ジェイテックス)
JTEX(職業訓練法人日本技能教育開発センター)は、48年間、技術関連通信講座一筋に教材開発を行ってきました。利用企業数6,000社以上、受講者総数は200万人を越えました。
また、複数の国内大手メーカ、日経連および経団連(現日本経団連)が設立発起人となり、東京都知事の認可を受けた職業訓練法人です。業界全体の後押しがあるからこそ、現場で役立つ専門性の高い通信教育講座を提供することができます。

※ JTEX(ジェイテックス)のここに注目 !
140年以上の実績を持つ、充実の教材 注目 !!
  • 初心者にもわかる段階を踏んだ解説、効果的なアドバイス、試験場でもあわてないテクニック満載。最近の国家試験の出題傾向を分析し、非常に広い出題範囲をきめ細やかにカバーしています。ほかの追随を許さない充実した教材で国家資格をあなたのものに!
  • 試験科目の「基礎的な物理学及び基礎的な化学」(物理・化学)、「危険物の性質並びにその火災予防及び消火方法」(各論)、「危険物に関する法令」(法令)をわかりやすく学習できるようにまとめています。
  • 各項目ごとに[最も重要]、[重要]という重要度の標記がなされているので、学習にメリハリをつけることができます。
2理解力を養うレポートシステムがあなたの合格をサポート 注目 !!
  • 理解力を養うため、各講座ごとに段階を追ったレポートを準備しました。レポートが理解の区切りとなりますので、あなたのペースで無理なく学力が身につきます。不明点は、教材に同梱されている質問券を利用して各分野の専門講師より回答を受けることができます。
3職業訓練法人の人脈を活かし、一流講師が勢ぞろい 注目 !!
  • 質問券を通じてあなたをサポートする専門の講師陣は、第一線で活躍するスペシャリストたち。合格指導に定評のある講師陣がしっかりとサポートします。

【ビルメンに必要な資格】
生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャン
  • 【サイト名】ユーキャンの危険物取扱者講座
  • 【運営会社】株式会社 ユーキャン
  • 【おすすめポイント】CMでもおなじみ!生涯学習のユーキャンでは、将来役立つ資格・技能から楽しい趣味・教養まで、100以上の通信講座を提供しております。

CMでもおなじみの生涯学習のユーキャン
「がんばることで、毎日が変わる、私が変わる。」
ユーキャンには、”がんばる”楽しさを実感できる講座がいっぱい!さぁ、あなたはどんなふうに変わりたいですか?
危険物取扱者は、就・転職に有利!資格手当や昇給にもつながる!
初歩の初歩から始められるので、知識ゼロからでOK!
あなたもぜひ、ユーキャンの危険物取扱者講座で資格をゲットしよう!

※ 生涯学習のユーキャンのここに注目 !
1ユーキャンの危険物取扱者講座は 30年以上の開講実績! 注目 !!
  • 合格に必要な教材が一式揃う!
  • 出題頻度が高いと想定されるところにマトを絞ったテキストはもちろん、物理・化学の基本的な知識を効果的に学ぶための副教材にも、工夫がいっぱい!初めて学ぶ方でも安心して、効率よく合格力が身につきます!
  • 丁寧なアドバイスで効率よく学習できる添削指導は、多くの受講生から「弱点が克服できた」と評判!
2「合格」にマトを絞ったテキストで、初めてでも安心! 注目 !!
  • テキストは、活字が大きく図解をたくさんとり入れ、専門用語もかみ砕いてわかりやすく説明。出題頻度が高いと想定されるところにマトを絞って、合格に必要なポイントをしっかりとムダなく学びます。初歩の初歩から始められるので、知識ゼロからでOK!
3独学にはない、充実のサポート! 注目 !!
  • 学習中にわからないことがあっても、メールや郵便で質問できるので、スッキリ解決! 「ひとりで学習するのは心配 …」という方も、安心して学習に取り組めます。

危険物乙4おすすめ問題集

危険物乙4の本試験では、過去に出題された類似問題が多数出題されますが、最近では、今まで出題されなかった新傾向問題もより多く出題されるようになりました。そういった類似問題・過去問題をいかに多く解くかが合格のカギを握ります。ここで紹介している問題集は、実際の本試験で出題された復元問題が多く掲載されています。
そのような質の高い問題を繰り返し解くことで、より重要な項目を自然に暗記できレベルの高い問題が解けるようになります。
もちろん、危険物に関して知識がない初心者の方でも、わかり易い内容・構成になっているので安心して勉強できます。

  • 【危険物乙4ベストセラー参考書】

    10日で受かる! 乙種第4類危険物取扱者すい~っと合格(増補改訂版)

    最小限の努力で合格点を取りたい人向け !! 本書解説ページで出題ポイントと専門用語の説明を一読したら、付録の「丸暗記ノート」と付属の赤シートを使って重要ワードを徹底的に覚えましょう。あとは本書に収録している過去問題130問を解いて、自信をもって試験に臨みましょう。 [264ページ、1,728円]

  • 【危険物乙4ベストセラー問題集】

    乙種4類危険物取扱者試験 平成30年版

    危険物乙4の「危険物乙4ベストセラー」の合格できる問題集 !! 「危険物乙種4類 危険物取扱者試験 平成30年版」は、復元された過去問457問を収録してるので、本試験の難易度と変わらない問題を解くことができます。重要項目・覚えるべき内容がわかり易く整理してあるので、短期間で合格できます。 [354ページ、1,800円]

  • 【いま注目の問題集】

    ホントによく出る乙4類危険物試験問題集 (LICENCE BOOKS)

    本書は、20年以上にわたる受験指導の経験と、多数かつ最新の再現問題による完璧な出題傾向分析に基づいた危険物乙4試験の受験問題集です。科目毎に項目の出題率が記述されており、最新の出題傾向が丸わかりになっています。是非読んでみて下さい。 [267ページ、1,512円]

  • 【過去問が完璧に再現されている問題集】

    過去問パターン分析!乙4類危険物試験 解法ガイド

    鈴木 幸男 (著)待望の最新版 !!
    20年以上に及ぶ講師経験と、緻密な問題分析による『簡便法』という解答手法なども豊富に掲載し、合格のためのエッセンスを一冊に凝縮しています。是非読んでみて下さい。 [279ページ、1,620円]

危険物乙4おススメしたい記事

これまでにも何回も述べているように、危険物乙4の本試験は「過去問の類似問題」から多数出題されます。
しかし最近約1年間、危険物乙4の本試験を受験して感じていることがあります。それは …
( 1 )年々新しい問題(新傾向問題)が増えていること。これまで、全く同じ問題がその年の1年間繰り返し出題されていましたが、最近では2回出題されればいいほうです。
( 2 )難易度が高い問題が増えていること。特に法令、物理・化学でそれが顕著です。
このような現状を考慮して、危険物乙4過去10年間にわたる過去問と最新の試験問題(1年分)の出題パターンを分析しました。

危険物乙4ってどんな資格なの?やっぱり難しいの?危険物乙4の資格試験にチャレンジする人なら当然気になるところですよね。危険物取扱者は、法律で定められている国家資格であり、特に危険物取扱者乙種第4類(危険物乙4)の資格は、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多いものとなっています。数ある国家資格の中では、合格率が30%以上と比較的高く取得しやすいですが、近年難易度が上がり、合格率が減少しています。そんな難易傾向にある危険物乙4ですが、安心してください。このページでは、合格するまでに必要な具体的な方法をまとめています。