危険物乙4 過去問 第1回実力テスト
「問1. 消防法上の危険物」


問1. 消防法上の危険物

法令上、危険物の品名(組成等を勘案して規則で定めるものを除く)について、次のうち誤っているものはどれか。

  • 1気圧において、発火点が200℃以下のもの又は引火点が0℃以下で沸点が40℃以下のものは、特殊引火物に該当する。
  • 1分子を構成する炭素の原子の数が1個~3個までの飽和1価アルコールは、アルコール類に該当する。
  • 1気圧において引火点が21℃未満のものは、第1石油類に該当する。
  • 1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものは、第2石油類に該当する。
  • 1気圧において引火点が70℃以上200℃未満のものは、第3石油類に該当する。
危険物乙種第4類 おススメしたい過去問

危険物乙4の過去問「第1回実力テスト」

「危険物 過去問 第1回実力テスト」
危険物乙4の合格には、科目ごとに60%以上の正解数が必要です。
危険物乙4の試験科目のうち、法令は35問中15問、物理・化学は35問中10問、消火・性質は35問中10問を占めます。
ここからは、基礎的な実力の確認を含めて、より問題に慣れていって下さい。